お金を借りる4

緊急でお金が必要になった時、どのようにしてお金を用立てれば良いのでしょうか?

お金を作る方法は色々ありますが、一番早いのは「誰かにお金を借りる方法」ではないでしょうか?

不要品を売ってお金に換えると言う方法もありますが、自分が希望する金額に達すことは難しいです。

お金を借りる1

オークションで売るとなれば、落札されないかぎりはお金は手元に入りませんので、多少なりとも時間がかかります。

今日中にお金が必要なときは「誰かにお金を借りる」という方法が確実かつ手っ取り早いと言えるでしょう。

しかしお金を借りるからには当然返さなければいけません。

場合によっては利息を付けて払うこともありますので、お金を借りた後のこともしっかりと考えてお金を借りることが必要です。

最近は即日融資に対応したカードローンが多いですから、真っ先に金融機関からお金を借りることを考える方も多いでしょう。

 

友人・家族にお金を借りる場合はトラブルに注意!

お金を借りる2

しかし、必要な金額が少額であり「わざわざカードローンでキャッシングするほどでもない」と言う場合は、家族や友人からお金を借りる方法もあります。

まとまった金額ではなく直ぐに返せるほど少額であれば、家族や友人でも気軽に相談できることでしょう。

しかし気軽にお願いできる一方で、注意しないとトラブルになることもあります。

「親しき仲にも礼儀あり」と言うことわざがあるように、個人間でお金を借りる場合は、節度を持った対応を心がけなければいけません。

少額の借入れであっても返済はきちんとしなければいけません。

個人間の貸し借りですと口約束で済ませてしまう方が多いかと思います。

 

お金を借りる3

しかし、これですとお金を貸した側はいつ返してもらえるのだろうと不安に思うもの。

個人間のお金の貸し借りであっても借用書と契約書は作成したほうが良いです。

個人間の貸し借りでトラブルになる原因は、金額や返済期日であることが殆どです。

きちんと書類として借りた貸したの証拠を残しておけば、トラブルになることはそうはありません。

また、口約束ですとお金を借りる側は、甘えが生じ中々返そうとしなくなります。

しかし書面に残しておけばきちんと返そうという気になるでしょうから、個人間のお金の貸し借りであっても書類はきちんと作成することです。

 

お金を借りるなら即日でカードローン!

お金を借りる5

「家族や友人にお金を借りるのは気が引ける」、「金額が大きいから頼めない」と言う場合はカードローンでお金を借りる方法のが良いでしょう。

カードローンは担保も保証人も必要ありませんので、誰にも迷惑をかけること無くお金を借りる事が出来ます。

全て自己責任ですから、その点を充分に理解した上で利用しましょう。

カードローンは無担保無保証となりますので、申込者の信用の度合いによってお金を借りることができるかどうかが決まります。

返済能力が十分で無いと判断されれば、お金を借りることは出来ません。

とはいっても、働いて収入が安定的であればお金を借りれる可能性は十分にあります。

カードローンなどでお金を借りる前に注意しておきたいこととしては、返済の延滞が挙げられます。

 

お金を借りる7

過去にクレカやローンの返済を一度でも滞納若しくは延滞したことがある場合は、融資審査に通らない可能性が非常に高いです。

カードローンならどこの金融機関に申込んでも同じ、という訳ではありません。

即日でお金を借りることができるところもあれば、申し込みから融資実行まで1週間以上かかるところもあります。

その日に即日お金を借りる方法であれば、金融業者選びを疎かにしてはいけません。

まずは即日融資にきちんと対応している金融業者なのかを確認しましょう。

金融によっては審査は「即日対応で融資は翌日以降」といった紛らわしい表現をしているところもありますので、注意してください。

 

土日にお金を借りる方法なら自動契約機!

お金を借りる8

キャッシングやカードローンでお金を借りる方法は口座振り込みが基本となります。

銀行の営業時間は15時までが基本ですので、それまでに振り込みが完了していないと当日中にお金を借りることが出来ません。

カードローン申し込みは午前中までに完了していないと間に合わないところも多いですから、早めに申し込みは済ませておきましょう。

できれば前日の夜に申込んでおくと良いでしょう。

インターネットからであれば24時間申込受付しています。

口座振込みでお金を借りる方法は時間制限だけでなく、「曜日制限」もあるのが大きなデメリットと言えます。

銀行は平日営業が基本で、土日祝日は休みとなります。

当然振り込みも反映されません。

平日の遅い時間帯や土日祝日にお金を借りる場合は、大手消費者金融の自動契約機を使用しましょう。

 

仮に自動契約機でお金を借りる方法であれば、平日の夜間や土日祝日でも営業しているので借りることは可能です。

申し込みからカード発行まで全て対応していますので、口座振込みが無理でも問題ありません。

自動契約機で手続きする場合は口座振込みよりも時間に余裕を持てます。

「19時までに申し込みすれば即日融資OK」なんてところもありますので、例えば「仕事帰りに自動契約機で手続きを済ませてお金を借りる」なんて事も可能です。

 

お金を借りる6

申し込み締切時間は各金融機関ごとに異なりますので、必ず確認しましょう。

また、自動契約機にいく際は必要書類の持参を忘れないことです。

基本的に本人確認書類のみでOKですが、場合によっては収入証明書も必要になります。

自動契約機でお金を借りる手続きをする前に、必要な書類をきちんと確認し不足がないようにしましょう。

 

低金利でお金を借りる方法とは?

お金を借りる113

消費者金融のカードローンは家族に内緒に出来たり、即日でお金を借りることができたりと利便性が高いのが魅力です。

しかしその反面、お金を借りる際の金利が高いのが残念なところです。

銀行カードローンの場合、上限金利でも「14%」程度ですが、消費者金融ですと上限は「18%」となります。

お金を借りる上で金利を気にされる方はかなり多いかと思います。

どうせお金を借りるなら金利が少しでも安いところで利用したいですよね。

 

まず、借入限度額によって金利設定は異なります。

お金を借りる際の限度額が少なければ金利負担は大きいですが、逆に限度額が多くなると金利負担は小さくなります

消費者金融のカードローンの場合、初回の限度額は10万円~50万円の範囲内となることが殆どです。

この場合の限度額ですと、金利は上限金利で設定されることが多く、利率は概ね18%となります。

借入限度額が10万円~100万円未満の場合の上限金利は18%、100万円以上になると上限金利は15%となります。

金利15%が適用されるには融資限度額が100万円を超えないといけませんので、条件は中々厳しいといえます。

 

お金を借りる10

このようにカードローンでお金を借りる際の金利は「限度額によって決定」されます。

そして限度額というのは「利用者の信用度合い」によって決まります。

つまり低金利でお金を借りる方法としては、「金融業者から信用できる人間だと認めて貰う必要がある」のです。

信用とは1日~2日で出来るものではありません。

コツコツと実績を積み上げていき、それが信頼へと繋がっていくのです。

信頼が積み上がっていけばお金を借りれる額を増額することも可能となり、それに伴い金利も安く設定してもらうことが出来るのです。

 

お金を借りるときの金利や利息の計算方法は?

お金を借りる12

消費者金融に限らす、カードローンやキャッシングでお金を借りるときの利息は、基本的に日割り計算となります。

前回の支払日翌日から次回支払日までの経過日数で利息が決定されます。

もし途中でお金を借りる場合は、借り入れする前までの残元金の利息が未収利息として計算されます。

追加でお金を借りた後の残元金によって、改めて日割り計算で算出されます。

お金を借りる前までの利息と、追加でお金を借りた場合の利息を合わせた額が「次回の支払期日に支払う利息合計額」となります。

利息の計算式は、「残元金×実質年率÷365×利用日数=利息」となります。

 

例えば、50万円を年率18%で借りるとし、30日後に返済する場合の利息を計算してみましょう。

「50万円×0.18%÷365×30=7397円」となります。

これが100万円のお金を借りるとなると、「100万円×0.15%÷365×30=12328円」の利息になります。

借入金額が100万円以上ですと、上限金利は自動的に15%に下ります。

 

消費者金融でお金を借りると金利は高い!?

お金を借りる15

消費者金融でお金を借りる方法となると、金利は一般的にどこも割高です。

サラ金業者間で金利差が大きく開くことはありませんので、金利で選ぶのは正直無意味といえるでしょう。

ただ、使い方によっては得する金融業者と損する金融業者に分かれます。

また、場合によっては銀行でお金を借りるよりも利息負担を少なく抑えることも可能です。

金利に差がないにも関わらず、何故このようなことが起こるのでしょうか?

一部の大手消費者金融の中には「一定期間無利息で貸し付けを行うサービス」を提供している金融業者があるのをご存知でしょうか?

例えば、「お金を借りる日から30日以内に返済した分に関しては利息が一切かからない」といったものです。

対象となる期間は大体1ヶ月程度で正直長くはありませんが、短期利用であれば大きなメリットがあるといえます。

 

例えば50万円を14.6%の金利でお金を借りるのと、無利息サービスのある消費者金融で18%でお金を借りるのとで比較してみましょう。

どちらも2ヶ月後に完済する事を前提に計算します。

年14.6%の金利でお金を借りる場合、1回目の支払利息は下記のとおりとなります。

「50万円×0.146%÷365×30日=6000円」

1回目の支払金額は合計で15000円とすると元金充当額は9000円となります。

ですから、残りの元金は49100円です。

 

では2回目の支払利息はと言いますと「491000円×0.146%÷365×30日=5892円」

2ヶ月目で完済しますので「491000円+5892円=496892円」

年14.6%で50万円を借り入れした場合の支払利息は合計で11892円となります。

 

お金を借りる14

では30日間の無利息サービスがある消費者金融で借りた場合はどうなるでしょうか?

1回目の支払利息は、50万円×0.18%÷365×30日=7397円。

1回目の支払利息は7397円と年14.6%での借入に比べ1000円以上も高くなります。

しかし30日間は利息負担がありませんので、支払金額を15000円とすると、この金額全てが元金に充当されます。

よって残りの元金は485000円となります。

2回目の支払利息は、485000円×0.18%÷365×30日=7175円

一括完済しますので、485000円+7175円=492175円

2ヶ月間での支払い利息合計は7175円となります。

 

無利息サービスでお金を借りる方法ならお得!

お金を借りる13

以上のように、無利息サービスを上手く活用すれば、仮に「金利の高い消費者金融」であっても銀行でお金を借りる方法よりもお得になる場合があります。

短期で返済できるのであれば、低金利の金融業者でお金借りるより金利を安く抑えることが可能です。

消費者金融はどの金融もさほど金利差がありませんから、無利息サービスがあるかどうかでお金を借りる判断を決めるのが賢い選択ではないでしょうか。