学生でもカードローンでお金を借りる事が可能です。
ですが学生だからといって特別に優遇されるわけではありませんので、その点は注意してください。
ここでは学生がカードローンでキャッシングする方法と注意点について解説していきます。

学生がキャッシング出来る条件とは?

学生がキャッシングするために必要な条件は、安定収入があること、申し込み年齢をクリアしていることの2点が主となります。
学生であればアルバイトで給料を貰っている方はたくさんいるかと思います。
アルバイトじゃローンの審査に通らないと思っている方も多いですが、カードローンに関しては正社員じゃなくても問題ありませんので安心してください。

カードローンには申し込み可能な年齢が決められています。
年齢の上限は各社微妙に異なりますが、下限年齢は20歳以上とどこも共通しています。
18歳、19歳の未成年者が行なった契約は取り消すことが出来無効とすることが出来ます。
その際、借入したお金はキャッシング会社に変換しなければいけません。
ですがそれは残っている範囲で良く、仮に全て使ってしまった場合は返還する必要がありません。
つまりキャッシング会社は貸し付け多分のお金を丸々損することになります。
このようなリスクがあるため、どのキャッシング会社でも未成年の方には貸し付けを行なっていません。
これはアルバイトで収入があっても同様のことが言えます。
中には親の同意があれば未成年でも借りれる会社は有りますが、安全面を考慮するとオススメはできません。

アルバイトですと収入額はそこまで望めないかと思います。
学生ですから学業が本業ですので仕方ありません。
収入が少ないと審査に通らないと思う方も多いですが実際はそんな事ありません。
毎月安定的に収入を得ていれば特に問題ありません。
実際に学生でもカードローンを利用されている方は沢山います。

アルバイトを始めたばかりの学生と1年近くアルバイトをしている学生では、後者のほうが審査は有利になります。
働き始めたばかりですと辞める可能性が少なからず有りますので、どうしても先の収入源の保証が出来ません。
ですから審査では勤続年数がある程度ある人のほうが融資を受けられる可能性は高くなります。
目安としては1年以上となります。
これより短い場合は審査通過はやや難しくなりますので覚えておくと良いでしょう。

学生がキャッシングしても親にバレないの?

学生がキャッシングする上で気がかりとなるのが親バレではないでしょうか?
出来れば親にバレないでキャッシングしたいと思うところでしょう。

キャッシング会社はこの点を十分に理解しており、出来るだけにバレないように配慮してくれています。
郵送物を送る際は、会社名を伏せたり、配送時間を指定できたりなど内緒で借りれるようになっているようです。
しかしそうは言っても、郵便物の中身を見られてしまってはアウトです。
確実に内緒にするのであれば郵送物すらなくさないと厳しいですよね。

どうしても親に内緒でお金を借りたい学生の方は、大手消費者金融を利用するのが良いでしょう。
自動契約機で手続きすれば契約書やローンカードがその場で発行されますので、自宅に郵送物が届きません。
利用明細もWEB上で確認できますので、親バレの心配も必要ないでしょう。
但し返済が遅れると督促状が届きますので、必ず期日を守った返済をすることです。

また家族だけでなくバイト先に人たちにもバレないか心配する人が多いです。
基本的に自分から話さなければバイト先に人たちに借金のことがバレル可能性は無いです。
審査にて電話で在籍確認が行なわれますが、キャッシング会社は会社名ではなく個人名で電話します。
内容に関しても本人以外に要件を伝えることはありませんので、特に心配する必要はないかと思います。

学生がカードローン申し込みに必要なものは?

申し込みに必要なものは基本的に身分証明書のみでOKです。
学生証で特に問題ありませんので手間もかかりません。
但し申込金額が多かったりすると収入証明書も必要となります。
アルバイトですから収入を証明できるのは給与明細で問題ありません。
但し、直近2,3ヶ月分が必要になりますので注意してください。
給与明細をなくした場合はバイト先にお願いして再発行してもらうと良いでしょう。

学生の場合、銀行と消費者金融のどっちで借りるのが良い?

カードローンは銀行と消費者金融とではどっちが良いのと疑問に思うところかと思います。
銀行のほうが低金利で借りれるので、返済負担を考えると銀行カードローンがおすすめです。
ただ、学生は申込不可とするところが多いです。
しかも銀行は審査がかなり厳しいですから正社員じゃないと審査通過が難しいです。
消費者金融の審査が甘いというわけではありませんが、比較的利用しやすいです。
確実にお金借りることを考えれば大手消費者金融に申し込むのが良いでしょう。