cardloan34

風俗嬢がカードローンでキャッシングするにはどうすれば良いのでしょうか?
風俗嬢、デリヘル、ソープなどはいわゆる水商売という職業にあたりますが、これらの職業の方でもローンの審査を通過できるのか疑問に思う方も少なくありません。
今回は風俗嬢など水商売の方がカードローンの審査に通る方法について解説していきたいと思います。

風俗嬢のキャッシング審査通過のポイントは?

カードローンの利用には担保も保証人も必要ありません。
担保があれば万が一債務者が返済できなくても土地や建物を売却すれば売却金で賄うことが出来ますし、保証人がいればその保証人に対し催促することが出来ます。
しかしカードローンの場合はこのどちらも出来ませんから、金融機関にとっては貸付リスクが高いといえます。
その為、審査では返済能力が十分かどうか、きちんと返済できる信用力のある人かどうかを重視します。

水商売や夜の仕事は歩合制であることが多いですから、会社員に比べ収入が不安定です。
その為、カードローンの審査に通りにくいと言われているのです。
決して職業柄で審査に通りにくいわけではないのでその点は勘違いされないように。

逆に風俗嬢であっても収入が安定していればカードローンの審査に通る可能性は大いにあるということになります。
毎月きちんと収入をもらえていること、月ごとに収入額が大きく上下していない状態が収入が安定しているといえます。
返済能力を判断する上で勤務実績も重要となります。
1つの職場に長く勤務している方が仕事が安定的と見られやすくなります。
勤務実績は最低でも1年以上無いと厳しいです。
日雇いや体験入店ですと審査に通る可能性はほぼありませんので注意してください。

信用力はローンやクレカの利用履歴で判断されます。
収入に見合った借入ができているか、きちんと返済できているかなどローンやクレカの利用履歴をチェックしています。
ここで特に重要となるのが返済実績です。
一度でも期日に遅れたことがあるとなると評価は一気に下りますので気をつけましょう。
一度でも延滞があると審査に通るのはかなり難しくなりますので覚えておきましょう。
因みに携帯電話代やスマホの分割払いも対象となります。

風俗嬢は在籍確認は源氏名でも可能なの?

風俗勤務の方は基本的に源氏名でお店に通しているかと思います。
従業員は本名を知らないということも決して珍しいことではありません。
カードローンの審査では必ず在籍確認が行なわれますが、電話では本名で確認が原則です。
電話に出た従業員が申込者の本名を知らないとなると在籍確認が取れず審査落ちになってしまいます。
ですから勤務先の従業員に本名を伝えるもしくは源氏名で在籍確認できないか相談してみましょう。
大手なら柔軟に対応してくれますので、水商売の方は大手を選ぶと良いかもしれませんね。

風俗嬢は虚偽の申告は絶対にしないこと

アリバイ偽造会社をご存知でしょうか?
水商売や無職の方などに利用者が多いのですが、会社勤務を装う源泉徴収票や給与明細を発行するサービスを行なっている会社です。
要するにウソの申告となりますので最悪の場合詐称罪で警察のお世話になる可能性がありますので絶対に止めましょう。

またアリバイ偽造会社を利用しなくても、ただ単に嘘の申告で申し込みする方も多いです。
年収を水増ししたり他社借り入れ件数を少なくしたりなど審査に有利になるような内容に修正して申し込みする方が稀にいます。
しかし嘘の申告は必ずバレますし、逆にウソをついたことで審査落ちになる可能性が高くなりますので、申告は正直に行ないましょう。