主婦がキャッシングするためにはどうすれば良いのでしょうか?
主婦にも本人が働いて収入をえているパターンと、家事に専念し収入がないパターンの2種類があります。
ここでは主婦がキャッシングするための条件と注意点について解説していきたいと思います。

パート勤務の主婦はキャッシングは可能!

パート勤務で収入を得ている主婦は、本人名義でカードローンやキャッシングに申し込むことが可能です。
正社員じゃないとローンは利用できないと思われがちですが決してそんな事はありません。
事実、多くのパート・アルバイトがカードローンを利用しています。
但し、その為にはきちんと条件を満たしキャッシング会社に問題ないと判断されないといけません。
具体的にどんな条件があるのか紹介していきます。

パート勤務の方にかぎらず、融資を受けるためには審査をクリアしなければいけません。
どのような基準のもとで審査が行われるのかは各社とも公開していませんので、〇〇なら有利と一概には言えません。
ですが、どのキャッシング会社も審査で重要視している部分はある程度共通しているようです。

まず大前提とも言えるのが収入の安定性です。
カードローンやキャッシングは返済を前提に貸し付けを行ないますので、利息を付けて確実に返済してもらわなければいけません。
その為にも、本人に収入がないといけません。
収入の安定性とは、月ごとに収入が上下しておらず毎月ほぼ一定であることを意味します。
収入額が大きい方が審査は有利になりますが、重要視されるのは安定性ですので、ここでは収入額の大小はあまり気にしなくてよいでしょう。

次に勤続年数です。
働き始めたばかりや、勤続年数1年未満の方ですとカードローンの審査をクリアするのは難しいです。
1つの職場に長く勤務している方が収入も仕事も安定していると判断されますので、最低でも1年以上は1つの職場に勤務している必要があります。
但し長く勤務していても、週1,2程度しか出勤していない場合は審査通過は厳しいです。

カードローンは担保も保証人も不要でお金を借りる事が出来ます。
キャッシング会社は、債務者が万が一返済不能となった場合、債権を回収することが出来ませんのでリスクが高い融資商品と言えます。
ですから審査ではより信用できると判断した人にしか融資を行ないません。
そして信用力の判断は、信用情報にて決まります。

信用情報とはこれまでのローンやクレジットの利用履歴が記録された情報のことです。
この情報を元に申し込み者が信用できるかどうかを判断しているのです。
毎月期日を守って返済していれば、その人はある程度信用できると判断します。
逆に遅滞をしたり自己破産などの債務整理をした場合は、信用出来ないと判断します。
仮に貸付した場合同じように遅滞したり債務整理をするかもしれないと思われるからです。
期日通りに返済できていれば特に問題ありませんが、遅滞や債務整理をした場合は審査通過は先ず無理と思ったほうが良いです。

カードローンでは旦那に内緒でお金を借りれる?

主婦がカードローンでお金を借りる上で気になるのが旦那バレないか、家族にバレないかではないでしょうか?
出来ることなら内緒でキャッシングしたいと思っている方が殆どかと思います。

パート勤務で収入を得ている主婦であれば、旦那に内緒でお金を借りる事が可能です。
自動契約機を使って手続きすれば、郵送物が自宅に送られてくることはありませんので、バレる心配がありません。
自動契約機は大手消費者金融で扱っていますので、内緒でキャッシングしたい方は大手を利用すると良いでしょう。

専業主婦は基本的にカードローンでキャッシングはNG!

カードローンは本人に収入がないと基本的に申込みできません。
収入がなければ返済できませんから当然のことです。
しかし専業主婦の場合は例外として、配偶者に安定収入があれば借りる事が出来ます。

専業主婦がカードローンでキャッシングする方法は主に2つあります。
1つは配偶者貸し付け、もう1つは銀行カードローンです。

配偶者貸し付けは旦那の収入と合算して借入申し込みする方法となります。
通常のカードローンとは異なり用意する書類が多く手続きがやや面倒です。
必要な書類は、婚姻関係証明書、配偶者の同意書・収入証明書、本人確認書類などです。
配偶者貸し付けは手続きに手間がかかる割に儲けが少ないため、取り扱いしている業者が非常に少ないです。
大手消費者金融ではどこも扱っておらず、中小サラ金の一部のみで対応しています。

銀行カードローンは総量規制の対象外となりますので、専業主婦でも借りる事が出来ます。
但し、配偶者に安定収入がないと借りたいと思っても借りれません。
配偶者貸し付けではないので、必要な書類は基本的に本人確認書類だけでOKです。

家族やダンナに内緒でキャッシングは難しい!?

専業主婦の場合は、旦那や家族に内緒でキャッシングはかなり難しいです。
配偶者貸し付けは同意書と収入証明書が必ず必要となりますので、まず内緒で借りるのは無理です。
銀行カードローンは本人確認書類のみで基本はOKですが、場合に寄っては収入証明書も必要となります。
また在籍確認のために、旦那の勤務先に電話連絡が必ず行きますので、やはり内緒で借りることは無理だと思ったほうが良いでしょう。