カードローンでお金を借りる時の審査で、勤務先に電話がかかってくる在籍確認に抵抗を感じる方は多いのではないでしょうか?
電話連絡があることで、勤務先の人たちに借金していることがバレたら嫌だなと思う方もいるでしょう。
その為、在籍確認なしでキャッシング出来る消費者金融を探している方は多いかと思います。
在籍確認は審査する上で重要な項目ですが、これを省略することは出来るのでしょうか?
ここでは消費者金融の在籍確認について解説していきます。

在籍確認なしの消費者金融やカードローンはない?

在籍確認とは、申し込み者が申告した通りの会社に勤務しているかどうかを確認するためのものです。
カードローンは返済することを前提に借入するものですから、定職について収入を得ていなければいけません。
申し込み時には勤務先の会社の情報を申告する欄が必ず用意されています。
しかしそれだけでその申し込み者が本当に働いて収入を得ていると判断するのは危険です。
と言うのも、実際に働いていないのに、あたかも申告した通りの会社に勤務しているかのように嘘の申告をされる方がいるからです。
申告された内容を安易に信じて融資してしまうと、返済してもらえず貸し倒れのリスクを負ってしまいます。
このような事態を避けるためにも、在籍確認は必ず行なわれますから、在籍確認なしの消費者金融は先ず無いと思ってよいでしょう。

職場の人にカードローン利用がバレないの?

在籍確認に抵抗がある理由としては、職場の人に借金がばれないかを心配していることが考えられます。
確かに自分が借金していることが職場の人に知られるのは嫌なものです。
特に会社に迷惑をかけるわけでもありませんが、どこか肩身の狭い思いをしそうで怖いですよね。
ですから出来れば内緒で借りれる方が良いわけです。

しかし在籍確認の電話で借金がバレルことはほぼありません。
消費者金融も消費者が借金バレを避けたいのは十分理解していますし、そもそも法律によって第三者に借金の事実を伝えてはいけないと定められていますので、仕事場の人にバレないように配慮してくれています。
では具体的にどのような感じで在籍確認が行なわれるのか紹介します。

ローン担当者「もしもし、私、伊藤と申しますが、本日高橋様はいらっしゃいますか?」
職場の従業員「高橋は只今、外出しています」
ローン担当者「そうですか、分かりました。では、また後ほど電話します」

在籍確認はこれで終了となります。
え?終わり?と思うかもしれませんが、上記の電話で申し込み者がその会社に在籍していることの確認が取れていますのでOKとなります。
この後、職場に電話がかかってくることはありません。

消費者金融では電話の際に会社名を名のることはありません。
消費者金融からの電話=借金していると結びつけやすいため、会社名は絶対に名乗らないのです。
上記の例でも紹介したように担当者の個人名で電話してきますので、消費者金融からの電話だとは先ず思わないでしょう。

どうしても勤務先に電話してほしくない場合は?

在籍確認の電話で借金バレする可能性はほぼありません。
しかしそれでも勤務先に電話してほしくないという方は多いかと思います。
自分宛に電話がかかってくることが無いという人も電話されてしまうと周囲から怪しまれるかもしれないので避けたいところでしょう。

実は一部の消費者金融では、電話連絡以外の方法でも在籍確認してくれるところがあります。
今のところ大手の消費者金融のみとなりますが、会社に在籍していることを証明できる書類を提出できれば在籍確認OKとしてくれるようです。
書類として認められているものは各社それぞれですが、代表的なものとしては給与明細、社員証、会社発行の保険証、在籍証明書などです。

上記いずれかの書類を提出できれば勤務先に電話が来ることがありません。
但し、必ずしも書類提出で応じてくれるわけではありませんので、事前に相談することを忘れないで下さい。

在籍確認なしで融資してくれる消費者金融はありませんが、電話連絡以外の方法で対応してくれるところはあります。
どうしても電話連絡を避けたい方は、相談してみると良いでしょう。

会社が休みの日は在籍確認できない?

融資を希望する日が会社の休みということは決して珍しいことではありません。
土日祝日休みはもちろんですが平日休みの会社に勤務している方も多いでしょう。
在籍確認は基本的に電話で行なわれますので、会社が休みの日ですと当然連絡がつきませんので、その日に融資を受けるのが難しくなります。

このような場合も、上記で紹介したように書類提出で在籍確認してもらうようにしましょう。
繰り返しになりますが、電話連絡以外の方法で在籍確認してくれるのは大手のみとなります。
会社が休みの日に融資を受ける場合は、大手に申し込むのが良いでしょう。